HOME>特集>情緒のある雰囲気と、環境に優しいことで注目を浴びる暖房器具

環境に優しく、昔懐かしい作り

寒い冬、赤々と炎の燃えるストーブ。昔の童話等に出てくるストーブは、大抵薪を使ったストーブです。昔は森林が多く薪が容易に手に入ったので、家での暖房や調理、風呂等は全て薪を使っていました。それらは今では皆石油や電気を使ったものに取って代わられましたが、今になって薪ストーブが再び注目されるようになりました。薪ストーブは、実際他の暖房器具での暖房より部屋をよく暖めてくれます。黒く塗られた薪ストーブは、昔懐かしい情緒のある作りなので、使わない時期でも部屋のインテリアとしてよく映え、メンテナンス次第で他の暖房器具より長持ちします。石油や石炭、そこから発生する電気を使用しない薪ストーブは、環境に優しい暖房器具とも言えます。

間違えると近所迷惑になる煙の対策

暖房器具としても優秀な薪ストーブですが、煙が出ることが短所です。煙は不完全燃焼が起きた時に発生するもので、どこかに付着して冷えるとススになります。この煙やススが近所に飛び散ってしまうと、臭いがする、洗濯物等がススで汚れる等といったトラブルになります。煙やススを抑えるには、まず性能の良い煙突が必要です。煙突は外からストーブへ酸素を供給するルートです。酸素が少ないと、不完全燃焼を起こして煙が発生する原因になります。性能の良い煙突を設置して、清掃など定期的なメンテナンスも必要です。次に薪の選び方も重要です。針葉樹の方が火がつきやすくコストも安いですが、油分が多く不完全燃焼になって煙の原因になります。薪には必ず広葉樹を選ぶべきです。

広告募集中